ページの先頭です

クリーンセンター広陵から大阪湾広域臨海環境整備センターに埋め立て処理のため搬出した「ばいじん処理物」のダイオキシン類濃度が基準値を超過したことについて

[2016年10月7日]

ID:2094

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

クリーンセンター広陵から大阪湾広域臨海環境整備センターに埋め立て処理のため搬出した「ばいじん処理物」のダイオキシン類濃度が基準値を超過したことについて

 このたび、大阪湾広域臨海環境整備センター(以下「同センター」という。)から、広陵町のクリーンセンター広陵においてごみ処理の過程で発生するばいじんのうち、9月5日に搬出した分について、同センターが行ったダイオキシン類濃度測定の結果、基準値の3ng-TEQ/gを超え3.9ng-TEQ/gという測定値となり、搬入停止措置を執った旨、9月26日付けで通知を受けましたので、即日搬入を停止いたしました。

 

 町として、同センターの指示により、9月5日に搬出した分について埋立前に回収し、クリーンセンター広陵の施設に保管いたしました。

また、周辺環境安全面につきましては、大気中の排ガス測定は年6回(ダイオキシン類については年1回)実施しており、問題がないことを確認しております。また、10月12日にダイオキシン類の排ガス測定を実施いたします。

 

町としては、定期に自主検査を行い、基準値以内であることを確認して搬出して参りましたが、今回の結果を真摯に受け止め、専門家を交え原因を究明して、適切な措置を行うこととし、施設、設備の再点検、運転管理の記録等の分析など関係機関、専門家のご指導を得ながら全力で取り組んで参ります。

 

 住民の皆様、同センターをはじめ港湾管理者、埋め立て処分場搬入基地所在自治体、関係機関、団体の多くの方々にご心配をおかけすることになり、誠に申し訳なく、心より深くお詫び申し上げます。

 

平成28年10月7日  

広陵町長   山 村  吉 由

 

本件についてのお問い合わせ先

クリーンセンター広陵 業務課

電話番号 (0745)57-2000

 

お問い合わせ

広陵町事業部クリーンセンター 業務課


クリーンセンター広陵から大阪湾広域臨海環境整備センターに埋め立て処理のため搬出した「ばいじん処理物」のダイオキシン類濃度が基準値を超過したことについてへの別ルート

Copyright (C) Koryo Town All Rights Reserved.