ページの先頭です

商工振興・観光や交流の連携を!~愛媛県東温市との連携協力協定締結式~

[2019年10月7日]

ID:3524

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

商工振興・観光を中心に様々な交流を図っていきます

令和元年9月21日、第25回広陵かぐや姫まつりの開催時に、広陵町と愛媛県東温市との連携協力協定締結式を行いました。



愛媛県東温市との連携協力協定締結式

▲(左から)かぐやちゃん、広陵町長、東温市長、いのとん

広陵町と愛媛県東温市との連携協力協定書

広陵町と東温市との関わり

広陵町と東温市の関わりは、昨年9月に広陵町で制定した「広陵町中小企業・小規模企業振興条例」に関して、東温市が先進的に「東温市中小零細企業振興基本条例」を制定され取り組まれていたことから、広陵町の職員や商工会などが視察に訪問したことをきっかけに、山村町長が東温市に表敬訪問し、加藤市長にも昨年のかぐや姫祭りに来ていただき、また、お互いのイベントにブースを出店するなど、さまざまな交流の芽を育んできました。

このように、交流が深まるとともに、両市町は、大都市に近いこと、人口規模がほぼ同じこと、また中小企業振興条例の制定が「県内の市町では初」であることなど共通点が多く、特に中小企業を中心とした地域経済の活性化に積極的に努めていることから、今回の「商工振興や観光・交流」に関する連携・協力協定の締結に至りました。今後、お互いの良いところを伸ばし合える関係性を築いてまいります。

東温市の概要

四国、愛媛県のほぼ中央に位置し、“道後温泉”で有名な県庁所在地である「松山市」の東隣に位置し、市の面積の約77%が森林で三方を山に囲まれ、平野部には田園風景が見られる都市近郊型の田園都市です。

人口は、約3万4千人と広陵町とほぼ同じ人口ですが、面積は211平方キロメートルと広陵町の約13倍の広さがあり、平成16年の「平成の大合併」で、2つの町が合併して誕生した愛媛県内では一番小さな市です。

また、愛媛大学附属病院や愛媛医療センターが立地しており、人口1万人当たりの医師数は全国の市で「1位」と非常に高く、「健康日本一のまちづくり」を目指しています。

特産品は、豊かな自然を活かして作られる、お米の約10倍の食物繊維が含まれる「もち麦」や、清らかな水で育てられたお米から作る「どぶろく」などが有名です。その他にも、精密加工部品やFA機器(自動工作機器)、選別機、介護機器、ダーツ、干物など、ニッチですが国内シェア率の高い中小企業を有しています。

愛媛県東温市ホームページ:http://www.city.toon.ehime.jp/

お問い合わせ

広陵町企画部企画政策課[庁舎2階]

お問い合わせフォーム


商工振興・観光や交流の連携を!~愛媛県東温市との連携協力協定締結式~への別ルート

Copyright (C) Koryo Town All Rights Reserved.