ページの先頭です

ワンストップ特例制度について

[2019年10月11日]

ID:3535

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ふるさと納税ワンストップ特例制度をご希望の方へ

ワンストップ特例の申請方法について

 平素は、広陵町みどりのふるさと応援寄附金にご寄附いただき、誠にありがとうございます。


さて、広陵町ではワンストップ申請書について、本町からは申請用紙は郵送いたしておりません。

ワンストップ特例制度をご希望の方は申請書をダウンロードの上、必要事項を記入・押印、マイナンバーに関する書類を添えて令和元年1月10日(金)広陵町役場 地域振興課に郵送してください。

また、申請後、住所、氏名等に変更があった方についても、変更届出書を令和元年1月10日(金)までに郵送下さいますようお願いします。

  • ダウンロードができない場合はファックス・郵送いたしますが、年末年始(12月29日~1月5日)は閉庁となりますのでご了承下さい。
  • マイナンバーの導入により番号が確認できる書類など送付書類が変更になっています。

必要書類の添付をお忘れないようお願いします。



個人番号の記載が必要です!

平成28年1月1日以後、ワンストップ特例の制度を利用される場合、申請書に個人番号(マイナンバー)を記入する必要があります。その際、個人番号の番号確認・身元確認のため1~3のいずれかの書類又はその写しが必要となります。

  1. 個人番号カードの写し(表と裏)
  2. 通知カード(表と裏)とA又はBの写し
  3. 個人番号が記載された住民票の写し又は住民票記載事項証明書とA又はBの写し

A:運転免許証、運転経歴証明書、旅券、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書のいずれか一つ(氏名、生年月日又は住所が記載されているもの)。
必要な場合は氏名・住所・生年月日が確認できる箇所のコピーをお願いします。
B:官公署から発行・発給された書類その他これに類する書類であって、写真の表示等の措置が施されるもの(氏名、生年月日又は住所が記載されているもの)
必要な場合は氏名・住所・生年月日が確認できる箇所のコピーをお願いします。
A・Bの書類がない場合は、2点の書類の写しにより本人確認が必要となります。不明な点はお問い合せください。


ワンストップ特例制度についてへの別ルート

Copyright (C) Koryo Town All Rights Reserved.