ページの先頭です

広陵町地域新電力導入のための競争的対話を実施します

[2019年8月9日]

ID:3404

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

地域新電力導入のための競争的対話を実施

広陵町では地方創生の取り組みの一環として、地域経済の活性化を促すことが必要であるとの視点から、地域経済循環を拡大することが必要との結論を得ています。

地域経済循環分析では広陵町のエネルギー代金の流失額は2013年データで約38億円と広陵町のGDPの7.1%と大きいことも判明しました。その中でも電気料金は約11億円あり、この代金流出の防止策は地域経済循環改善の有効な手段となる期待をしています。

近年の電力の発電、小売りが自由化されたことに伴い、様々な電力供給の仕組みが可能となり、各地で地域新電力も立ち上がっています。

広陵町でも地域新電力を導入することとし、「広陵町地域新電力実施方針」を定めました。

今回、地域新電力導入に向けて、民間参入事業者の意向や実施内容について意見交換を行い、事業者選定のプロポーザル実施の仕様を確定させたいと考えています。

ついては民間事業者との対話の手法を「競争的対話実施方針」として定め、参加に関心のある事業者と1対1で対話を実施することとしました。

競争的対話とは

競争的対話とは、なるべく民間のノウハウを効果的に利用するためにどのような仕様書にするかを事業者と入札を開始する前に打ち合わせする仕組みでPFIの導入の際などに行うことができる手法の一つです。
対話する事業者とは1対1の対話が可能で対話を行う中で事業者側から公表の同意が得られない事項については公表しないこともあります。
今回の広陵町地域新電力導入はPFIではありませんが、公平、公正な事業者選定の手法として競争的対話を実施するものです。

ファイルダウンロード

広陵町地域新電力実施方針

広陵町地域新電力会社事業化に係る競争的対話実施方針

【問い合わせ先】

〒635-8515 奈良県北葛城郡広陵町大字南郷583番地1

 広陵町役場 まちづくり政策監 中村

  TEL 0745-55-1001

  ファックス 0745-55-1009

  E-Mail soumuka@town.nara-koryo.lg.jp

※不在の場合は企画部担当者に連絡先をお知らせください。折り返し連絡差し上げます。



お問い合わせ

まちづくり政策監 中村
総務課 上田

広陵町地域新電力導入のための競争的対話を実施しますへの別ルート

Copyright (C) Koryo Town All Rights Reserved.