ページの先頭です

特別職報酬等審議会答申について

[2018年2月5日]

ID:2691

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

特別職報酬等審議会答申について

答申について

▲審議会堀田会長、東職務代理者から町長へ答申書を手渡されました。

 広陵町特別職報酬等審議会は、町長、副町長及び教育長の給料の額について審議するため、広陵町特別職報酬等審議会条例第1条に基づき設置された町長の附属機関です。

 委員は、町内の各団体の代表者等からなる8名で構成されており、議会の承認を得て任命しています。

 本町では、「町長、副町長及び教育長の給料の額について」、「退職手当のあるべき姿について」の2点を、平成29年10月16日に特別職報酬等審議会に諮問し、審議をお願いしてきましたが、平成30年1月30日にその審議結果が町長に答申されました。

審議会開催状況について

第1回:平成29年10月16日(詳しくはこちら)(別ウインドウで開く)

 町長から審議会へ諮問しました。

第2回:平成29年11月20日(詳しくはこちら)(別ウインドウで開く)

 諮問事項についての審議

第3回:平成29年12月25日(詳しくはこちら)(別ウインドウで開く)

 諮問事項についての審議

答 申:平成30年1月30日

 町長は審議会会長及び職務代理者から「特別職の給料の額については現行額から概ね3%増額することが適当であり、退職手当のあるべき姿については(奈良県市町村総合事務組合)退職手当支給条例に基づいた一律の支給割合とすることが適当である」との答申を受けました。

 詳細については、下記の答申書をご覧ください。

答申書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

Copyright (C) Koryo Town All Rights Reserved.