ページの先頭です

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルスの検査キットの助成

[2016年5月25日]

ID:611

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルスの検査キットの助成

 20代・30代の女性に子宮頸がんが増えています。

 子宮頸がんは、ヒトパピローマウィルス(HPV)が感染し発病します。

 感染者の90%は、自然に消えますが、0.15%(1000人中1から2人)に子宮頸がんが発病します。

 そこで、自宅で簡単にヒトパピローマウィルスを検査する方法があります。

 これは、奈良県立医科大学産婦人科検査センターで行う検査で、郵便で検査キットを受取り、自宅で採取後返送します。

 町では、検査に係る料金 2,700円及び支払い時の手数料 など必要な費用を助成いたします。

 

◆ 申 込 方 法

パソコンにより奈良県立医科大学産婦人科検査センターのホームページ(http://u1.dsbit.net/hpv/)からか、携帯電話(下記のQRコード)からお申し込み下さい。

QRコード

◆ 入 金 方 法 

 ○ 振込の場合(振込手数料は別途必要です。)

      振込先 南都銀行 橿原支店 普通口座 口座番号 2057807

    名義 奈良医大産婦人科検査センター 代表 小林 浩

 ・入金が確認でき次第、検査キットが送付されます。

 

 ○ 代引きの場合(代引き手数料は別途必要です。約1,080円かかります。)

 ・申込み確認後、検査キットが送付されます。

  

詳しくは、奈良県立医科大学産婦人科検査センターのホームページ(http://u1.dsbit.net/hpv/)をご覧ください。

 

この検査の結果「HPVウイルスに(陽性)感染していた。」場合は、近くの産婦人科を受診してください。

HPVウイルスに感染しても、ごく一部の人しか子宮頸がんにはなりませんが、自分の身体の状態を調べる良い機会です。

 

助成金の請求方法

  検査費用の 2,700円および手数料 をいったん自己負担でお支払いください。後ほど、料金支払い時の領収書の原本、印鑑、振込先の口座情報をお持ちのうえ、広陵町保健センター(さわやかホール内)に申請してください。

 なお、申請書は下記からもダウンロードできます。

 

 

HPV検査費用助成金交付申請書兼請求書(PDF)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

広陵町福祉部保健センター[さわやかホール]

電話: 0745-55-6887

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルスの検査キットの助成への別ルート

Copyright (C) Koryo Town All Rights Reserved.