ページの先頭です

三世代ファミリー定住支援事業を実施しています!

[2017年3月15日]

ID:2141

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

町内の親元に戻ってくる子育て世帯を応援します!

 当町では、少子高齢化による生産年齢人口の減少を防き、バランスのよい人口構成を実現するため、町内で新たに同居・近居をする親・子・孫からなる三世代家族を応援します。

 この制度は、親元(広陵町在住)で同居・近居をするために、町外から転入される子育て世帯を対象としており、平成28年12月から、住宅の取得費用・リフォーム費用の一部を助成しています。

対象

1年以上町外に住んでいる子育て世帯(子・孫)と町内在住(1年以上)の親

※孫…「同一世帯内で義務教育終了前の子ども」

    (出産予定であることが母子手帳等で確認でき、出生後に同居する予定の子どもを含みます。)

 詳しくは、企画政策課までお問い合わせください。

補助金額

・近居・同居のために住宅を購入する場合…20万円

・同居のために住宅をリフォームする場合…上限20万円(費用の3分の1の補助)


※ただし、予算に限りがございますので、事前にお問い合わせください。

 

三世代が安心して暮らせる幸せな住環境を考えてみませんか?

 町内在住の皆さん、町外に住んでいる子世帯と同居・近居を決意されたときには、ぜひご相談ください。

 パンフレットはこちらです。

広陵町三世代ファミリー定住支援補助金パンフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

手続きの流れ

補助金の相談から交付までの流れは、以下のとおりです。

 

1.相談

当初契約を行う前に、ご相談ください。

要件や注意事項の確認、その他の案内をさせていただきます。

 

★広陵町と南都銀行は、地方創生(まち・ひと・しごと創生総合戦略)を中心とした事業について、さらなる住民サービス向上を推進するため、包括連携協定を締結しました。

 その1つとして、この三世代ファミリー定住支援事業では、ローン金利の優遇が実施されます。

 詳しくは、こちらのパンフレットをご覧ください。

<南都銀行>ホームローン金利プランのご案内

※適用条件にあります「事前届出書」は、企画政策課の窓口に用意しています。

 検討されている方は、事前にお申し出ください。

 

2.申請

<申請期限>

届け出を行った後、転入日から3か月以内です。

 

<申請方法>

申請書と必要書類を平日(土日祝日および12月29日~1月3日を除く、午前8時30分~午後5時15分)に、企画政策課窓口に提出してください。

※郵送不可

申請書は、下記添付資料のとおり。

補助金交付申請書

Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

3.交付決定

書類を確認後、交付決定の通知を送付します。

※補助要件を満たしていない場合は、補助金を交付できません。

 

4.請求

交付決定通知書を送付する際、請求書様式を同封しますので、記入・押印のうえ、提出してください。

※郵送可

 

5.振り込み

請求書を受付した後、口座振り込みにより補助金を交付します。

※不正があった場合、もしくは転入後、3年以内に補助金の対象となった住宅に居住できなくなったときは、町長が承認した場合を除き、補助金を返還していただきます。

 

お問い合わせ

広陵町企画部企画政策課[庁舎2階]

お問い合わせフォーム


三世代ファミリー定住支援事業を実施しています!への別ルート

Copyright (C) Koryo Town All Rights Reserved.