ページの先頭です

予防接種

[2019年4月8日]

ID:591

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

予防接種について

 子どもは病気にかかりやすく、かかると重くなることがありますが、予防接種で予防できる病気もあります。
 お母さんが赤ちゃんにプレゼントした免疫は、数か月を過ぎると自然に失われていきます。そのため、赤ちゃん自身で免疫を作って病気を予防する必要があります。その助けとなるのが予防接種です。子どもは成長と共に外出の機会が多くなり感染症にかかる可能性も高くなります。
 ワクチンを接種することで、ひとりひとりの免疫力が上がり集団感染を防ぐことにもつながります。
 予防接種について正しく理解した上で、接種することをおすすめします。

予防接種を受けるときの注意点

  • 前日には入浴し、体を清潔にしましょう。
  • お渡ししている「予防接種と子どもの健康」などにもう一度目をとおしてください。
  • 接種当日の朝に熱を測って体の調子をチェックしましょう。
  • 母子手帳を必ず持参してください。予診票は正確に記入してください。

 

平成31年度 予防接種

ヒブ、小児用肺炎球菌、BCG、MR、4種混合、日本脳炎、水痘、B型肝炎、子宮頸がん

すべて医療機関での個別接種です。医療機関に事前にご予約の上、接種してください。

※生年月日が平成22年1月1日以降の方は、予診票綴りをお使いください。個別の案内通知はしていません。

◎以下の場合はけんこう推進課(保健センター)にお問い合わせください。
 1.対象なのに通知が届かない
 2.転入等で、町発行の予診票をお持ちでない方
  ※広陵町から転出された場合は、広陵町の予診票は使用できません。

予防接種の種類と接種方法

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

広陵町内予防接種実施医療機関(平成31年度)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

上記以外の県内医療機関で接種される場合には、けんこう推進課(保健センター)で手続きが必要です。

ご希望の医療機関に接種できるか確認の上、けんこう推進課(保健センター)までご連絡ください。

3種混合ワクチンについて

 4種混合ワクチンの導入に伴い、3種混合ワクチンの販売が中止されています。3種混合ワクチンの接種がまだの方は、残りの回数を4種混合に切り替えての接種が可能です。ただし、その場合、不活化ポリオと4種混合ワクチンの接種回数の合計が4回を超えないように接種する必要がありますのでご注意ください。

日本脳炎の予防接種について

 日本脳炎の予防接種については、マウス脳による製法の日本脳炎ワクチン接種に伴う副反応(ADEM=急性散在性脳脊髄炎)の可能性が指摘され、平成17年5月30日以降、接種勧奨を差し控え、希望する方にのみ接種を実施してきましたが、平成22年から、新たに乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンによる接種が順次再開されています。

 勧奨差し控えにより接種機会を逃した方(平成11年4月2日~平成19年4月1日生まれの方)は、特例で20歳未満の間に不足分を接種できるようになりました。

 また、平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方で、1期追加までの3回分の接種が7歳6か月までに完了していない場合は、9歳から13歳までの間にその不足分を接種できるようになりました。

 

上記の方で日本脳炎の接種が不足されている方は、けんこう推進課(保健センター)までお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ

広陵町けんこう推進課(保健センター)
☎0745-55-6887

お問い合わせ

広陵町福祉部けんこう推進課(保健センター)[さわやかホール]

電話: 0745-55-6887

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

Copyright (C) Koryo Town All Rights Reserved.