ページの先頭です

幼児教育・保育の無償化について

[2019年9月1日]

ID:3414

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和元年10月から「幼児教育・保育の無償化」が始まります。

令和元年10月1日から、3歳から5歳までの保育所、幼稚園、認定こども園などを利用するお子さまの保育料等が無償化されます。(0歳から2歳までの住民税非課税世帯のお子さまも対象になります。)

無償化の対象となるためには、一部事前に申請が必要ですので、申請漏れのないようご注意ください。

制度の概要

広報9月号掲載

■無償化の対象とならないもの
 食材料費(主食費、副食費)、教材費、行事費、通園送迎費など

申請方法について

➀町内公立幼稚園・広陵北かぐやこども園(幼稚園認定)に通園している子

10月からの保育料について

申請は必要ありません。


(1)~(4)の利用料について ※保育の必要性が認められる方が対象です。

申請が必要です。

申請書の交付:各園を通じて配布します。

提出先:各園を通じて提出してください。

提出期間:随時受付しています。

「保育の必要性」がある方の申請書類

➁子ども・子育て支援新制度に移行している私立幼稚園に通園している子(私立認定こども園等)

10月からの保育料について

申請は必要ありません。


(1)~(4)の利用料について ※保育の必要性が認められる方が対象です。

申請が必要です。

申請書の交付:各園を通じて配布します。

提出先:広陵町福祉部こども課

提出期間:随時受付しています。

「保育の必要性」がある方の申請書類

➂子ども・子育て支援新制度に移行していない私立幼稚園に通園している子

10月からの保育料について

申請が必要です。

申請書の交付:各園を通じて配布します。

提出先:各園を通じて提出してください。

提出期間:随時受付しています。


(1)~(4)の利用料について ※保育の必要性が認められる方が対象です。

申請が必要です。

申請書の交付:各園を通じて配布します。

提出先:広陵町福祉部こども課

提出期間:随時受付しています。

「保育の必要性」がある方の申請書類

➃保育園・こども園(保育認定)に通園している子

10月からの保育料について

申請は必要ありません。

➄上記➀~➃の施設を利用していない子

(1)~(4)の利用料について ※保育の必要性が認められる方が対象です。

申請が必要です。

申請書の交付:広陵町福祉部こども課

提出先:広陵町福祉部こども課

提出期間:随時受付しています。

「保育の必要性」がある方の申請書類

認可保育所等の利用申し込みを行わず、認可外保育施設を利用する場合

支払い方法について

➀町内公立幼稚園・広陵北かぐやこども園(幼稚園認定)に通園している子

10月からの保育料について

当初から0円となり、引き落としされません。

(1)~(4)の利用料について ※保育の必要性が認められる方が対象です。

◎町内公立幼稚園・広陵北かぐやこども園における預かり保育の利用料
 当初から0円となり、納付していただく必要はありません。
◎その他の利用料
 一旦施設に支払っていただき、上限額内で返還します。
■請求方法■
 ○特定子ども・子育て支援の提供に係る証明書兼領収証(施設から発行されるものです。)
 ○施設等利用給付請求書(償還払い用)
  を、福祉部こども課まで提出してください。

➁子ども・子育て支援新制度に移行している私立幼稚園に通園している子(私立認定こども園等)

10月からの保育料について

当初から0円となり、引き落としされません。

(1)~(4)の利用料について ※保育の必要性が認められる方が対象です。

一旦施設に支払っていただき、上限額内で返還します。
■請求方法■
 ○特定子ども・子育て支援の提供に係る証明書兼領収証(施設から発行されるものです。)
 ○施設等利用給付請求書(償還払い用)
  を、福祉部こども課まで提出してください。
 ※4月~6月利用分、7月~9月利用分、10月~12月利用分、1月~3月利用分を各園でとりまとめの上、園から福祉部こども課まで提出してください。

➂子ども・子育て支援新制度に移行していない私立幼稚園に通園している子

10月からの保育料について

上限額内で無償となり、園へ支払っていただく必要はありません。

園から町への請求書類

(1)~(4)の利用料について ※保育の必要性が認められる方が対象です。

一旦施設に支払っていただき、上限額内で返還します。
■請求方法■
 ○特定子ども・子育て支援の提供に係る証明書兼領収証(施設から発行されるものです。)
 ○施設等利用給付請求書(償還払い用)
  を、福祉部こども課まで提出してください。
 ※4月~6月利用分、7月~9月利用分、10月~12月利用分、1月~3月利用分を各園でとりまとめの上、園から福祉部こども課まで提出してください。

➃保育園・こども園(保育認定)に通園している子

10月からの保育料について

当初から0円となり、引き落としされません。

➄上記➀~➃の施設を利用していない子

(1)~(4)の利用料について ※保育の必要性が認められる方が対象です。

一旦施設に支払っていただき、上限額内で返還します。
■請求方法■
 ○特定子ども・子育て支援の提供に係る証明書兼領収証(施設から発行されるものです。)
 ○施設等利用給付請求書(償還払い用)
  を、福祉部こども課まで提出してください。

(1)~(4)の利用料について無償化の対象となる町内の施設一覧

お問い合わせ

広陵町福祉部こども課(認定こども園準備室)[さわやかホール]

電話: 0745-55-6820

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

福祉部こども課(認定こども園準備室)[さわやかホール]

Copyright (C) Koryo Town All Rights Reserved.