ページの先頭です

vol.2(平成29年8月25日の濁り水について)

[2017年8月31日]

ID:2493

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

水道の濁り水の発生について

Complaint(苦情)

 8月25日午後5時半過ぎ、夕食準備をしている際に水道水の濁りに気付き、広陵町上下水道部に苦情の電話を入れましたが、受けた人が「私は下請け業者なので何も分かりません」と答え、職員に代わるよう求めたところ、「職員は全員帰ったので月曜日でないと分かりません」という回答であったため、話にならないと思い電話を切りました。

 その際、町か自治会からの放送で何かお知らせがありましたが、音声が反響して内容が聞き取れませんでした。

 水道の濁り水は商品として不良品です。広報車を出すなどして原因の説明、お詫びなどをするべきだと思います。

Answer(回答)

 夕方の使用水量の多い時間帯に、大塚(六道山)、みささぎ台を中心として広範囲にわたり濁り水が発生してしまいました。大変なご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。

 今回の濁り水の原因は、安部地区において水道管耐震化のため、水道管を取り換える工事をしており、8月25日の午後1時半頃既設の水道管に設置した仕切弁を操作しました。操作してから午後5時頃までは工事班が濁りが発生していないか水質を確認していましたが、異常がなかったことから現地工事班は解散しました。

 しかし、水量の増加した午後5時半頃に濁り水の一報が入りました。弁操作による水の流れる方向が変わったことに加え、管内の流速が急激に変化したことにより濁りが発生したと推定しております。

 濁りを解消するため消火栓を開放して対策を行い、午後9時半頃には本管は正常に復旧し、安心して飲み水として使用できることを確認しました。

 

 電話対応については、不十分な対応で申し訳ございません。午後5時半以降は真美ヶ丘配水場の宿直室に電話を切り替えており、そこでは民間業者に電話対応等を委託しております。民間業者には事案発生時の対応マニュアルを渡しておりますが、うまく説明できなかったようです。今一度指導を徹底し、濁り水発生時の対応方法を正確に説明できるようにさせていただきます。

 

 広報については、上下水道部から六道山区、みささぎ台の区長・自治会長へ依頼し、有線放送でその旨放送していただきました。また、広報車でも工事現場を中心として巡回させていただきましたが、広範囲に濁り水が発生してしまったことから十分な対応が行き届かない地域がありました。申し訳ございません。

 

 今回いただいた意見をもとに対策や情報伝達などの改善に努めてまいりますのでご理解のほどよろしくお願いします。

Copyright (C) Koryo Town All Rights Reserved.