ページの先頭です

高齢者福祉

[2016年5月20日]

ID:1812

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

★高齢者福祉事業

一人暮らしや寝たきりの高齢者がおられる家庭や、日常生活を営むのに支障のある高齢者は必要に応じて次のサービスが受けられます。

●軽度生活援助事業

 軽度な日常生活上の援助を必要とする、概ね65歳以上の在宅の一人暮らし高齢者及び高齢者のみの世帯を対象に、生活援助員(広陵町シルバー人材センター)を派遣し日常生活の援助を行います(この事業は、介護保険法のサービス対象とならない援助を行うものです)。利用者の費用は原則1割負担、利用限度は1世帯あたり1か月20時間以内となっています。

●緊急通報システム事業

 概ね65歳以上の在宅の一人暮らし高齢者で市町村民税非課税の方を対象に緊急通報装置による緊急時の通報及び健康相談を行う事業を実施しています。
設置料金は無料で、通話料金は自己負担となっています。

●家具転倒防止金具取付事業

 概ね65歳以上の在宅の一人暮らし高齢者及び高齢者のみの世帯で市町村民税非課税の方を対象に、家庭の家具に転倒防止金具を取付け、生命及び財産を地震災害等から守ります。
金具及び取付け費用は無料で1台の家具に1組(2個)以内で1世帯4台以内です。

●一人暮らし老人等訪問事業

 65歳以上の一人暮らし、または高齢者のみの世帯にうかがい、安否の確認をします。

●訪問理美容サービス事業

 在宅において介護を受けている方で、要介護認定(区分)の要介護2から5の寝たきりの方を対象に、委託業者が対象者宅を訪問し、散髪を行っています。
 利用回数は年2回で、自己負担はありません。

●寝具洗濯乾燥等サービス事業

 在宅において介護を受けている方で、要介護認定(区分)の要介護2から5の寝たきりの方を対象に、対象者の布団(敷布団、毛布、掛布団)を委託業者が回収し、丸洗い後宅配するものです。
 利用回数は年2回、利用者の負担は1回6,000円までは無料でそれ以上の額については自己負担となります。

●紙おむつ等支給事業

 在宅の常時失禁状態の要介護高齢者に対し、家族の介護者等の負担になる紙おむつなどを支給します。

●食の自立支援事業

 栄養状態の改善のため、食事の支援が必要とされた方に対し、平日の昼食を定期的に配達します。利用者の安否確認にもなります。
 利用料は、1食につき300円が自己負担となります。

●家族介護慰労金事業

 要介護高齢者を介護しているご家族の方に、慰労金を支給します。
 ※一定の要件をみたした場合のみ、支給の対象となります。

Copyright (C) Koryo Town All Rights Reserved.