ページの先頭です

介護保険ガイド うけられるサービス 要支援1・2の方

[2016年5月20日]

ID:1804

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

在宅サービス<要支援1・2の方>

自宅を訪問してもらってサービスをうけたい方は

介護予防訪問介護

ホームヘルパーが訪問し、いっしょに買い物に行ったり、家事をしたりしながら、利用者ができるだけ自分でできることが増えるよう支援します。

 

介護予防訪問入浴介護

移動入浴車などで訪問し、利用者のできる範囲での入浴のお手伝いをします。

 

介護予防居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師などが訪問し、利用者の改善を目的とした薬の飲み方、食事など療養上の管理・指導をします。

 

介護予防訪問看護

看護師などが訪問し、床ずれの手当や点滴の管理などをし、状態の改善について相談を受けます。

 

介護予防訪問リハビリテーション

理学療法士などが訪問し、利用者が自分で行える体操やリハビリなどを指導します。

 

 

日帰りで施設にかよってサービスをうけたい方は

介護予防通所介護

デイサービスセンターで、食事・入浴などや、生活機能の維持向上のための体操や筋力トレーニングなどが日帰りでうけられます。

 

介護予防通所リハビリテーション

介護老人保健施設などで食事・入浴などや、生活機能の維持向上のためのリハビリテーションなどが日帰りでうけられます。

 

 

病気や旅行などで一時的に介護できないときに施設でサービスをうけたい方は

介護予防短期入所生活介護

介護老人福祉施設などに短期間入所して、食事、入浴などや、生活機能の維持向上のための機能訓練がうけられます。

 

介護予防短期入所療養介護

介護老人保健施設などに短期間入所して、医療や介護、生活機能の維持向上のための機能訓練がうけられます。

 

 

必要な福祉用具を入手したい、自宅の改修を行いたい方は

特定介護予防福祉用具販売
(下から申請書がダウンロード出来ます)

ダウンロードファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

腰掛け便座などの購入費の支給(限度額年間10万円)がうけられます。

対象:腰掛け便座、特殊尿器、入浴補助用具、簡易浴槽、移動用リフトのつり具

 

介護予防福祉用具貸与

歩行器、補助つえなどを借りられます。 ※車いす・車いす付属品・特殊ベッド・特殊ベッド付属品・床ずれ防止用具・体位変換器・認知症老人徘徊感知器・移動用リフトについては、原則として利用が認められません。

 

介護予防住宅改修費の支給
(下から申請書がダウンロード出来ます)

ダウンロードファイル

小規模な住宅改修について費用の支給(限度額20万円)がうけられます。 ※保険給付の対象となるかを、事前に申請する必要があります。
住宅改修を行う場合は、事前申請が必要です。

対象:手すりの取り付け、段差の解消、滑りの防止および移動円滑化等のための床材の変更、引き戸への取りかえ、洋式便器等への取りかえ

 

その他のサービス

介護予防特定施設入居者生活介護

有料老人ホームなどで食事、入浴などや生活機能の維持向上のための機能訓練がうけられます。

 

地域密着型介護予防サービス

軽度の認知症や介護が必要な方(要支援1・要支援2)が、住み慣れた地域を離れずに利用できるようにつくられた、新たなサービスです。

 

介護保険ガイドトップへ


介護保険ガイド うけられるサービス 要支援1・2の方への別ルート

Copyright (C) Koryo Town All Rights Reserved.